Raisin et rhum.

新商品のジャムです。

ラムレーズンジャム。

このジャムが出来るきっかけとなったのは、
大山のパンやさん「コウボパン小さじいち」さん。

大山を背景に、天然酵母で美味しいパンを焼いている素敵なパンやさんです。

小さじいちさんの悩みは、
コウボを採ったあとのレーズンかすを捨ててしまうことでした。

そう、このレーズンジャムは、リサイクルの賜物なのです。




お話をいただいたとき、
正直、おいしく出来るか心配でした。
もちろん、原料となるレーズンは、
オーガニック栽培された美味しいレーズンです。
しかし、コウボを起こした後となるとはっきり言って旨味が、
ないのではと想像してました。

何か、畑の飼料にと薦めたこともありました、
が、
食べてみるとと美味しいのです。
適度に残った甘味とコウボを起こす途中で生まれた、
アルコールの香り。

ラム酒と合わせてジャムにしています。
新鮮な果物以外のジャムは、alimnaでも初。

ヨーグルトや、バニラアイスに添えると、
ワンランク上のデザートになりますよ。

a0094805_20405591.jpg

[PR]
by alimna2007 | 2010-02-23 20:41 | 気まぐれジャム
<< Iyokan-vanille&... 岡山文学フェスティバル。 >>